保育士の苦悩の日々を告白


by m9hlecb5t9

火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得(産経新聞)

 大阪市は12日、平成18〜20年度に当時勤務していた市立瓜破斎場(平野区)の火葬料収入410万円を着服したとして、環境局平野工場の男性職員(33)を懲戒免職処分にした。職員は今月1日に全額を返還したが、大阪市は刑事告発を検討している。

 この職員は平成17〜21年度に、親族が死亡したと偽り、計10日間の忌引休暇を不正に取得していたことも判明した。

【関連記事】
大阪市立斎場「心付け」受領疑い職員は23人 着服も1人
大阪市立斎場「心付け」問題 17、19年にも市に通報
大阪市立斎場の職員が自殺 「心付け」めぐる疑惑の中
業者との慣例「裏金システム」にメス 神奈川県の不正経理問題
親ぼく会費430万円着服で消防職員を処分 大阪・吹田市

高杉晋作記念館、遺品展示できず…ひ孫が断る(読売新聞)
川崎のマンションで火災、1人死亡2人重体(読売新聞)
進次郎氏VS亀井氏 「郵政」巡り因縁バトル(スポーツ報知)
<ミズバショウ>「清明」の節気に白い花 岩手(毎日新聞)
首相動静(4月9日)(時事通信)
[PR]
by m9hlecb5t9 | 2010-04-13 10:55