保育士の苦悩の日々を告白


by m9hlecb5t9

今春の花粉飛散量 例年並みか少なめ(産経新聞)

 環境省は、今春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量予測(確定)を公表した。昨年末に発表した速報と同じく、飛散量は全国的に例年並みか例年よりも少なくなる見通し。昨夏の日照不足や低温などが影響した。

 飛散量が比較的多かった昨シーズンと比べると、一部地域を除き、東日本では20〜50%程度、西日本では20〜60%程度になると予測している。

 スギ花粉の飛散開始日は、東日本では例年より数日から1週間早く、西日本ではやや遅くなる見込み。関東や四国、九州では2月中旬ごろ飛散が始まり、東北南部、近畿、中国は2月下旬、北陸は例年並みの2月下旬から3月上旬、東北北部は3月上旬ごろになりそう。

「自分に都合よく発言」平松市長、また橋下知事に反発(産経新聞)
「招福巻」は普通名称=イオンの使用認める−大阪高裁(時事通信)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
文民統制を強化へ、防衛省改革で検討チーム(読売新聞)
保育所定員5年で25万人増、閣議決定へ(読売新聞)
[PR]
by m9hlecb5t9 | 2010-01-29 14:43