保育士の苦悩の日々を告白


by m9hlecb5t9

<中学受験>本格シーズン 受験者数過去最高更新する勢い(毎日新聞)

 東京都と神奈川県内の私立中学の10年度入試が1日解禁され、首都圏の中学受験は本格シーズンを迎えた。併願数を減らす動きがあるものの、受験者数自体は過去最高を更新する勢いで、不況下でも私立中学人気に陰りは見られない。

 この日は「御三家」と呼ばれる麻布、開成、武蔵のほか早稲田や慶応といった有名私大の付属中など、難関校の入試が集中した。中学受験のピークは今週いっぱい続く。

 中学進学塾大手の日能研(横浜市)によると、南関東の1都3県では09年、国公立の中高一貫校を含め、小学6年生の5人に1人に当たる6万4200人が受験し、過去最高を更新した。直近の志願状況などから、10年も「横ばいか微増」となる見通しだ。一方、1人が受ける学校数は近年、平均5校台で推移していたが、今年は5校を割り込みそうという。

 都の調査によると、10年度入試の都内の私立中学の検定料は平均2万2349円。初年度納付金は平均92万3136円(うち授業料は45万603円)で、10年前より約6万5000円上がった。

 日能研の井上修・進学情報室長は「中学受験は数年前から準備しており、不景気になったからといって急にやめることはあまりない。お金の使い道を絞っても、子供の教育費は医療費の次に削らない分野だ」と話している。【井上俊樹】

【関連ニュース】
私立中入試:近畿でスタート 不況で倍率低下
12の春よ来い:親子の中学受験日記/9 あと1年…併願に悩む
12の春よ来い:親子の中学受験日記/8 東大卒のパパ、超えたい
中学入試:県内私立校出願状況 出願者が減少 平均2.67倍 /兵庫
中学入試:私立応募状況 出願者3万3710人 昨年並みを維持−−6日現在 /埼玉

<明党>参院選・比例代表 太田前代表の擁立見送る方針 衆院選敗北響く(毎日新聞)
首相と2閣僚、秘書任せ認める 収支報告書チェック(産経新聞)
【施政方針演説】全文(1)はじめに「いのちを守りたい…」(産経新聞)
農水省で1億円の不正経理 翌年度納入など駆使(産経新聞)
「第2の氷河期作らない」経団連・連合が声明(読売新聞)
[PR]
by m9hlecb5t9 | 2010-02-04 16:03